とにかく固定費を減らす、ただし家賃だけは慎重に、ただし数千円なら稼いだ方が早い

節約するうえで大事なのがとにかく固定費を減らすということでしょう。固定費に中で一番大きいのがおそらく家賃です。

固定費を減らせと言っておいていきなりですが家賃は減らせたらそれに越したことないですが引っ越しは慎重にしましょう。というのも、今仮に家賃が8万円で6万円のところに住みかえれば月々2万円が浮く!!と安易に喜んでいしまいそうですが引っ越しするには引っ越し代がかかり、敷金礼金も新たに払わなくてはいけません。また新居に合わせた家具なんかを買いだして仮に40万円(敷金礼金それぞれ2カ月分で24万、引っ越し6万新しい家具カーペットなど10万で計算)かかったとすれば、節約の効果が出始めるまでには40万÷2万=20カ月もかかってしまいます。

それまでにまた引っ越さなければなくなったりしそうなのであれば家賃の低い所に引っ越して余計損することになってしまいます。しかも、今よりチープな部屋に住むことになってしまいます。ともすると、なかなか有効な手段とは言えません。家賃に関してはほとんどの場合最初に決めるのが肝心で今からできることはもう少し細かいところです。簡単にできるところを挙げるなら、例えば、ネットの固定回線とスマホを解約して電話はガラケーでできるだけLINEやスカイプを使うようにし、ネットはwifiルーター一本にすれば月々約5000円、年間60000円の節約になります。

ペットボトルを買わないだけでも150円×30日=4500円、年間にすると54000円も変わってきます。他にも、朝ごはんのパンをあんパン(1個100円)から食パン(5枚切り100円)にするだけでも月々100×30=3000円が100×6=600円になり、月々2400円の節約ですがこれはあんパンを食べたい人にとっては明らかに満足度が下がってしまうのであまりおすすめできる節約ではありません。数千円程度であれば週2時間くらい余分に稼げば手に入るので節約よりその方がいいかもしれません。いろいろ言っといてこんなまとめもあれですが、ようはバランスですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です